読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lenny Kravitz Fans Blog

また思い込みの激しい人に粘着されたので、あと少し記事などをアップしたら更新は終了する(ブログは残します)予定です……が、多忙な為現在中断しています……

アメリカのRockと人種の事情について

 
f:id:dirtywhiteboots:20161020075909j:image

 

アメリカの事情を知っている方もいるとは思いますが、知らない方にはもう少し詳しく話さないと伝わらないですよね……。ざっくりとですが、続きを書いてみようと思います。

 

 

まず、アメリカでは基本的に、よっぽどの音楽好きでもない限りは、黒人は黒人がやっている音楽しか聞いていないし、白人は白人がやっている音楽しか聞いていないようです。

私はTwitterで情報収集をしていて、よく「黒人でRockやってる人ってほとんどいないよね」と言ってる方を見かけますが、まずRockを聞いている黒人自体が少ないというのが一番の理由のようです。

 

Lennyも、ニューヨークやロサンゼルスのように色々な人種の人が住んでいるところなら黒人のファンもけっこう来ているようですが、全体的には、やはり白人のファンの方が多いみたいですね。

もちろん、状況は少しずつ変わってきていて、若い人達は人種やジャンルにこだわらなくなってきてるようですが……。

 

 


それでもまだまだ人種の問題はあって、特に田舎の方の白人しか住んでいないような地域だと、日本以上に保守的・閉鎖的なところもあるようです。


実はLennyは3年前、ナッシュビルで行われたカントリーのアワードとフェスに招待されたんですが、そのフェスで、人種差別的なことを色々言われてブチ切れて、ステージを降りる時に中指を立ててしまって騒ぎになったことがあったんですよ。

 

 

これがその時のビデオなんですが、Lennyが(フェスなどの自分のライブでもない時でも)みんなに歌わせようとするのはいつものことなので、お客さんのノリが悪くてイラついてるわけじゃないんですよね……。


Lennyがアワードとフェスに出ることが決まってから、「何しに来るんだ?」とか「来なくていいよ」って主催者に文句を言ってる人がTwitterでもたくさんいて心配していたんですが……。このビデオを久しぶりに見ましたが、見ていてつらかったです……。



※追記

もちろん、カントリーのファン全員が人種差別をしているわけではないし(Lennyに文句を言っている人達を批判していた人もいました) 、ただの憂さ晴らしとかの軽い気持ちで文句を言っていただけの人達もいただろうと思うんですが、言われる方にしてみたら、本当に怖いし腹も立つと思うんですよね……。

 

 

 

広告を非表示にする