ヒュー・ジャックマンの“いい人伝説”は本当なのか?

ストーカーがまだアカウントを削除していないようなんですが、これだけは言っておかないといけないと思うことを書く為に一時的に戻って来ました。

 

レニーの情報が目当ての方は、こちらをご覧下さい。

lennykravitzx.hatenablog.com

 

 

ブログを休んでいる一番の理由は、「ストーカーに付きまとわれているのがもの凄いストレスだから」ということですが、私は状況を変える為に活動しているので、読んでいるだけで何もしない人達に向けてブログを書くより他のことをした方がいいと判断し、このブログの更新はもうしばらく休むことに決めました。性悪ニコール・キッドマンについてのネタは他にもまだ色々ありますが、ニコールの性悪さは、今までに書いたもので十分解っていただけると思うので……。

それから、私は好奇心を満たしたいだけの人達に向けて“娯楽”を提供しているつもりは一切ありません。レニーのファンでもなく、ハリウッドのパワハラ問題も他人事で、人が時間と労力をかけて書いたものをタダで読んでいるだけの人達には楽しそうに見えるのかもしれませんが、こちらは全然楽しくなんかありませんよ。一度はっきり言っておきたかったので書いておきます。

とにかく、今の状態だと、ストーカーにがまんしてまでブログを書き続ける必要性が感じられないですからね。続きが読みたいなら、情報の拡散をして下さい。

 

 

性悪ニコール達が、色々な人に嫌がらせや脅迫をしているという決定的な証拠はありませんが、

1)ルパート・マードックは、世界中に悪影響を与えている悪党である

2)ニコール・キッドマンヒュー・ジャックマンは、ルパート・マードックと長年の友人で、家族ぐるみの付き合いをしている

3)ドナルド・トランプの娘、イヴァンカとも長年の友人である

4)日本だけでなく、海外のメディアも、映画“スキャンダル(原題: Bombshell)”の関係記事で、そのことについて知っているはずなのに全く触れていない

という4点は紛れもない事実です。そのことだけでも、まずは身近な人達に伝えてみて下さい。日本には2人のファンが多く、性悪ニコールはまだしも、ヒュー・ジャックマンは凄くいい人そうに見えるので、なかなか難しいだろうとは思いますが……。

 

lennykravitzx.hatenablog.com

lennykravitzx.hatenablog.com

 

日本では、マードックがどれくらい悪いことをしているのかよく知らない人が多くてあまりピンと来ないんだろうと思いますが、日本人に解りやすいように言うと、マードックはヤクザみたいなものだと言っていいくらい悪名高い人物なんですよ。「ある芸能人が、日本で一番大きな組の組長と家族ぐるみの付き合いをしている」と聞いたら、どう思いますか? 

でも、実際の規模としては、日本のヤクザどころか、ロシアのプーチン大統領と家族ぐるみの付き合いをしているという感じに近いですけどね。普段あまりニュースを見ていない人でも、「プーチンは色々と悪いことをしているらしい」ということは知っていますよね? 本当は、そのくらいのレベルのスキャンダルなんですよ。

 

 

 

ヒュー・ジャックマンのファンの人達は、「ニコールと違って、ヒューは歌もダンスもアクションも本当にできるし、実力のある俳優だから、他の俳優に嫌がらせをする必要は無い」と思いたいでしょうが、映画やドラマの主役になれるのはたった1人だし、実力があれば誰でもなれるというものでもないですよね? ライバルは1人でも少ない方がいいわけで、ヒュー・ジャックマンマードックにライバル潰しをさせているのはまず間違いないと私は考えています。

こちらのエントリーに書いたヒュー・グラントだって、マードックに歯向かったからというだけではなく、ヒュー・ジャックマンの最大のライバルの1人だったから、ハリウッドから干されたんだろうと思いますよ。

lennykravitzx.hatenablog.com

 

もし自分が好きな俳優や監督、脚本家などが、気付いたらいなくなっていたとか、仕事が激減していたりしたら、嫌がらせや脅迫を受けていないか、調べてみて欲しいんですよね。もちろん、競争の激しい、本当に厳しい世界なので、そのことにうんざりして自ら業界を去った人も少なくはないだろうし、悪いことをしている権力者はマードックだけではないので、慎重に調べる必要がありますが……。

 

 

 

ライアン・レイノルズが、ヒュー・ジャックマンのことを悪魔だとかモンスターだと長年言い続けていることが“ジョーク”ということにされていますが、私は、ライアン・レイノルズは本気でそう言っている可能性が高いと考えています。おそらく各メディアも、知っていてわざと乗っかっているんだろうと思いますよ。

実をいうと、私はマーベル映画はほとんど見ていないし、原作も読んでいないし、2人にはあまり興味が無くて、このことを最近まで知らなかったんですが……。

 

結論から言うと、“ウルヴァリン: X-MEN ZERO”で、ライアン・レイノルズが演じたデッドプールが、原作には無い設定だったのに口を塞がれてしまったのは、おそらく、何か重大な秘密を知ってしまったライアン・レイノルズに対する、「絶対にしゃべるなよ」という脅迫の意味があったんだろうと私は考えています。

彼らがプライベートでも仲がいいなんていうのは全くの嘘で、黙ってろと言われたにも拘わらず、ライアン・レイノルズヒュー・ジャックマンのことを悪魔だのモンスターだのと言うことを止めない為、ヒュー・ジャックマンライアン・レイノルズに付きまとっているだけだと思いますよ。

それでもライアン・レイノルズが潰されずに済んでいるのは、ライアン・レイノルズの後ろにも、マードックが簡単に手出しできないような力のある人物が付いているからなんだろうと思われますが、最近の出演作の傾向を見ると、コメディ一辺倒になりつつあるので少し心配しています。

というのも、どうやら、「まず、“コメディしかできない俳優”というレッテル貼りをしておいてから干す」というのが、マードックの得意技・常套手段だと思われるからです。ライアン・レイノルズは、元々シットコムで人気が出て映画界に進出した人で(実をいうと、私は彼の出演作は“ふたりの男とひとりの女”しか見たことがありません)、コメディを得意としていますからね。ライアン・レイノルズがコメディにばかり出演していても、誰も不自然には思わないですよね? でも実際のところは、マードック達がコメディ以外のオファーを全力で潰しているんじゃないかと私は疑っています。

 

ライアン・レイノルズはずっとヒントを出し続けているはずですよ。私は映画も見ていなくてよく解らないし、そこまで調べている時間は無いので、ファンの皆さんに調べてみて欲しいと思ってこのエントリーを書いておくことにしたんです。

こういう呼びかけをすると、知ったかぶりをしてとんちんかんなことを言い出す人や、仕切れないくせに仕切りたがる人などが出てきたりするので、本当はあまりやりたくなかったんですが、大手のメディアなどはマードックに脅されていて報道できない状態なので、迷った末に結局書くことにしました。私達一般人が動くしかないんですよ。

でも、ヘタに騒ぐと陰謀論扱いされたりして潰されかねないので、できるだけ皆んなバラバラに、裏で動いて下さい。まあ裏といっても、ネットから見ての話で、要はリアルの知り合いに情報を拡散することから始めた方がいいということです。

 

 

もう一つ言っておきますが、私が自分のことを“ただの一般人”と言っているのは、メディアや芸能関係の仕事は一度もしたことが無いとか、公職には就いていないという意味です。これは“誰にでもできる簡単なお仕事”などではありません。「こんなただの素人女にでもできるなら、自分にも何かできるはず」などと勝手に思い込んで、私にコンタクトを取ろうとしたりしないで下さい。とにかく、こちらは相手にする気は一切無いので、「後でおいしい思いができるかも」と期待してしつこく付きまとっても時間のムダですよ。

 

 

 

ヒュー・ジャックマンについて調べていたら、こんな記事を見つけたんですが……。たぶん、これも有名な話で、知っている方は多いんだろうと思いますが、皆さんはこの話をおかしいとは思わなかったんですか?

abcdane.net

 

プライベートで来日していたならともかく、映画の撮影で来ていたならスタッフが付いていたはずだし、たいていの日本人なら、「ハリウッドスターに恥をかかせるわけにはいかない」と考えるでしょうからね。温泉での振る舞い方などを皆んなで教えようとしたはずですよ。「知らなかった」なんて、絶対にありえないと私は思いますけど……。

それに、ビール片手に1人で1時間もうろついていたなんて、これがヒュー・ジャックマンじゃなければ皆さん不審に思っていたはずですよ? いい人そうに見える外見に騙されないで下さい。これが彼の“本性”ですよ。

 

 

 

それから、3月にこんな記事が出ていました。

collider.com

 

It...did not go well. Here's what Daniels told us:

 

"A lot of actors call me. I remember after I did Precious, Hugh Jackman called and wanted me to do a Wolverine. And he sent me into the studio to Fox, I guess that's where they do them at. And I had never done a studio film before and it was a disaster and I literally pulled over ... Yeah, it was at Fox because I pulled over to the Kentucky Fried Chicken afterwards and ate a whole six-pack of wings. It was the worst meeting of my life. I don't know how he gets Wolverine from Precious, but I love him and he's a friend to this day."

 

He continued: "I pitched. I pitched my way right out of the room."

 

リー・ダニエルズが、「“プレシャス(原題: Precious)”が公開された後、たくさんの俳優から電話がかかって来たんだけど、その中にヒュー・ジャックマンもいて、“ウルヴァリン”の監督をして欲しいと言ってきたんだ。FOXのスタジオでミーティングをしたんだけど、人生で一番最悪なミーティングだったよ。彼がどうして“プレシャス”を見て、僕が“ウルヴァリン”の監督にふさわしいと考えたのかよく解らないけど、とにかく彼のことが好きだし今は友達だよ(要点だけざっくり訳してます)」というようなことを言っていたそうなんですよ。

“プレシャス”といえば、レニーが出演していたし、リー・ダニエルズといえば、性悪ニコールが取るはずだった(?)オスカーを受賞したハル・ベリーが出演していた“チョコレート(原題: Monster's Ball)”のプロデューサーだったし、ハル・ベリーといえば、X-MENでストームを演じていたわけですが……これはただの偶然なんですかね?

それにしても、人生で一番最悪なミーティングだったって、本当は何があったんでしょうね? リー・ダニエルズをFOXのスタジオに呼び出す為のただの口実だったんじゃないかと疑いたくなりますが……。

 

lennykravitzx.hatenablog.com

lennykravitzx.hatenablog.com

 

 

 

性悪ニコールがルシル・ボールを演じる“Being the Ricardos”のトレーラーが公開されて、また色々と騒がれていますが、実はこのエントリーを書いた後、ローラ・ダーンの2019年のインタビューを見つけて読んでみたところ、ルシル・ボールの大ファンだということが語られていたんですよ。

lennykravitzx.hatenablog.com

 

www.vogue.co.jp

www.vanityfair.com

 

更に調べてみたところ、ローラ・ダーンはこれ以前のインタビューでもルシル・ボールについて語っていたことが何度かあったので、おそらく業界内では、彼女がルシル・ボールの大ファンだということはよく知られていた話だったんじゃないかと思います。

ローラ・ダーンに“Being the Ricardos”のオファーがあったかどうかは不明なんですが、性悪ニコールがこの役をやりたがったのは、ローラ・ダーンへの対抗意識もかなりあったのでは?と思わずにはいられないんですが……。

 

9月の末に行われたアカデミー映画博物館のオープニングイベントに、性悪ニコールもローラ・ダーンも出席していたんですが、Getty Imagesをチェックしてみても、2人が一緒に写っている写真が無かったんですよ。2人共Instagramに写真をポストしていましたが、そこにも無かったところをみても、やはり“Being the Ricardos”絡みで何かあったのでは?と思うんですよね……。

www.justjared.com

 

しかも、ローラ・ダーンの最新作はヒュー・ジャックマンとの共演って、ただの偶然だと思いますか……?

eiga.com

 

 

“Being the Ricardos”のトレーラーが公開された後、また“ニコール・キッドマンとデブラ・メッシングのどちらがふさわしいか論争”が起こっていたんですが、中には「いや、その2人よりもっとふさわしい俳優がいるだろう」と言っていた人もいたのに、その声が完全に掻き消されたのを見て、「ああ、これは、「性悪ニコールなんかよりもっとふさわしい俳優が他にいる」ってことを皆んなに考えさせないように、性悪ニコール側がわざと仕掛けてるんだな」ということに気付いたんですよ……。

マードックには、そういう風にネットの情報を操作できる大きな権力があるんです。ヘタにネットで騒いでもムダだってことが解りますよね? でも、一般人のリアルでの行動をコントロールすることはマードックには不可能なんですよ。

 

 

lennykravitzx.hatenablog.com