レニー・クラヴィッツ スランプだったというデマを日本のインタビューでも完全否定

先日のドンペリのキャンペーンでの来日で、Barksの取材も受けていたようなんですが、例の「スランプだった」というデマについても聞いてくれていました。今までもお伝えしていた通り、その話を否定している英語のインタビュー記事は出ていたんですが、やっと日本語の記事も出ましたね。っていうか、“Raise Vibration”についての初めてのまともな日本語記事ですけど(笑)

www.barks.jp

 

日本でツアーをやりたいという話もしていますね。今までのインタビューでも言っていたように、レニーは、自分のおじいさんやお父さん、娘のゾーイを来日公演の時に連れて来ているし、和食も日本のアートやファッションも好きだし、自宅は土足厳禁(でもプリンスだけは例外(笑))だし、日本嫌いだっていうのは完全なデマなんですよ。

レニーがこれだけインタビューで話していたのに、もしまた来日公演が実現しなかったとしたら、私がずっと言ってきた通り、今まで何度もキャンセルになったのはレニーの意思ではないということだと思います。

 

どうしますかね、"Cさん"?(笑) 悪口を言われたくないんだったら、悪いことをやめればいいんですよ?(笑)

"Cさん"についてはこちらのエントリーを読んで下さい。

lennykravitzx.hatenablog.com

 

こちらはベルリンの“It's Enough”のライブビデオです。残念ながら、“Raise Vibration Tour”の途中で卒業となってしまったサポート・メンバーのルドですが、レコーディングでもトランペット・ソロを吹いていた人です。 


Lenny Kravitz - "Welcome Berlin" & It s enough (new song) live in Berlin 12.06.18

 

途中ギターのトラブルがあって、レニーが冗談で「誰か'59年のレスポール欲しい人いる?」って聞いているんですが、クレイグが後ろで手を上げています(笑) 


Lenny Kravitz - Always on the run & "Anybody want a 59 Les Paul?" live in Berlin 12.06.18

 

 

 

フォーブスの日本版でもインタビュー記事が出ています。帰る前に蕎麦を食べることはできたんでしょうか?(笑)

forbesjapan.com

 

 

 

エスト・ハリウッド・エディションがリニューアルされたようで、レニーはオープニング・パーティーに出席しています。チャカ・カーンのライブも行われたそうです。 

www.standard.co.uk

hauteliving.com

www.dailymail.co.uk

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

 

 

こちらは、レニーのオーディオ・エンジニアのインタビューです。 

www.lightingandsoundamerica.com

 

 

日本人の自覚の無い(?)人種差別問題についての話…。

以前からずっと気になっていたことなんですが、今日は、自分の好きな黒人の有名人の人種差別問題については怒っても、自分自身や日本人が人種差別をしていることには無自覚だったり、見て見ぬふりをしている人は結構多いよね、という話をしようと思います。

 

先日、「“Here To Love”はアルバム“Raise Vibration”の6曲目に収録された壮大なバラード。“LOVE”を謳うLKにとってアルバムの裏テーマは常に“LOVE”なんでしょう」とドヤっていたパクり野郎ですが、“Here To Love”の「差別はやめよう」というメッセージは全く読み取れていないようなので、書くことにしました。


Here to Love

open.spotify.com

 

パクり野郎は、ブログやInstagramでヘイト発言を平気で垂れ流していて、自分のしていることを悪いとも恥ずかしいとも思っていない感じなんですよね……。おそらく、「ブログやSNSに“ひとりごと”を書いているだけで、相手に直接言っているわけじゃないし、「日本に来るな」とか「国に帰れ」とか言ってるわけじゃない、この程度なら大丈夫だろう」みたいに思っているんでしょうね……。

観光地に行っては、自分自身だって第三者から見たら観光客以外の何者でもないのに、「どこに行っても大陸からの観光客ばかり……」と愚痴り、買い物をしている中国人と思われる人達を見ては、勝手に転売屋だと決めつけて、「相変わらず大陸転売ヤーが目立つ」とか言っているんですよ……。

でも、中には転売屋もいるでしょうが、家族や友達に頼まれからたくさん買っている人や、自分の為の買い物をしているお金持ちもかなりいると思うし、だいたい、日本人でも転売で稼いでいる人はたくさんいますけど?

おそらく、パクり野郎にとっては「観光地に団体で押しかけたり、転売をするのは迷惑行為」だという意識と、下らないテレビ番組などを真に受けて(プロパガンダだとも知らずに)、「日本人はみんな、中国人のことを見下してバカにしているんだ、だから自分もやっていい」という思い込みがあるんでしょうね。「正当な理由があれば、差別してもいい」っていうのは、完全な詭弁ですけど……。

今日本は不況だから、中国人を始めとした外国人観光客に助けられている面がかなりあるし、そもそも、政府主導で積極的に外国からの観光客誘致をしているんですけどね……。 

 

lite-ra.com

gendainoriron.jp

www.newsweekjapan.jp

www.webchikuma.jp

www.businessinsider.jp



  

でも、最初に書いたように、「アメリカの黒人差別は“本物の”人種差別で本当に酷いと思うけど、日本のは違う」という風に考えている人は結構いるんですよね……。

結局、そういう人達は、「自分の好きな人が叩かれている」ことに対して怒っているだけで、人種差別問題そのものには無関心なんでしょうね。だから、黒人に対する白人の差別行為は認識できるけど、自分達日本人の中国人や韓国人(または欧米諸国以外の人達)に対する差別行為は認識できないんだろうと思います。

 

www.huffingtonpost.jp

このブラックフェイスが騒ぎになった時、“黒人の有名人のファンだけど、ダウンタウンや日本のお笑いファンでもある人達”の中にも、これがなぜマズいのか丁寧に説明されたにもかかわらず、ブラックフェイスを批判した外国人に「差別する意図がなければ差別にはならない」とか「ここは日本だ、郷に入っては郷に従え」的なことを(エアリプも含め)言い張っていた人がちらほらいたんですよね。

おそらく、自分の好きな黒人の有名人が「ブラックフェイスはやめて欲しい」と訴えていたなら、「そうだよね、ブラックフェイスはダメだよね」と、コロッと意見を変えていただろうと思うんですが、相手が有名人じゃなければ訴えを聞きもしないというのも、人種差別問題には無関心だからなんだろうと思います。 

 

toyokeizai.net

toyokeizai.net

 

それから、この件で凄く気になるのが、ダウンタウンガキの使いのスタッフと一緒に仕事をしたことがあるというアフリカ系アメリカ人が、「彼らは、アメリカの黒人コメディアンのビデオなどもよく見て研究していたから、ブラックフェイスについて何も知らなかったとは思えない」みたいなことをツイートしていたのを見たんですよね。

私も、「おそらく、ここまで大騒ぎになるとは全く思っていなかったんだろうけど、ブラックフェイスについて何も知らなかったというわけでもなかったんじゃないのか?」「もしかして、エディ・マーフィーの“白塗り”ネタも知っていた上で、あえてやったんじゃないのか?」と疑っています……。

buzz-plus.com

 



Lenny Kravitz - Mr Cab Driver (Live at O2 Arena, London)

open.spotify.com

 

www.instagram.com